お立ち読み、ありがとうございます。m(__)m
本文は【こちら】からぞうぞ。(^^)







本体1600円
+税
A5版
176頁
【あらすじ】
明日美は、看護学校に通う女子学生。
だけど、学校をやめようかと悩んでいた。
そんな明日美が、一人でドライブに出た。
つらかったり悲しかったりしたとき、
いつも行く場所があった。
そこで、少し年下に見える彼と出会った……。

「海を見にいきませんか?」

明日美は、彼をドライブに誘ってみた。
彼を助手席に乗せ、湘南へと向かう。
でも、ちっとも楽しくない。
彼は、名前も教えてくれない。
一言も口をきいてくれない。
こんなことなら一人の方がよっぽどまし……。

海岸沿いの駐車場で休憩していると、
老夫婦が、声をかけてきた。
城ヶ島まで乗せてって欲しい、と言う。
二人でいるより四人の方が気楽になれそう。
こうして、四人の小さな旅がはじまった。
一泊二日の小旅行……。

やがて明日美は、彼が少しずつわかってきた。
自閉症が、ちょっとだけわかってきた……。


「風通しのよい作品。なんか舞台がとても広いんですよ。登場人物のまわりの空気の流れや太陽の光がわかるんですよね」
「なんといっても淳一君のモノローグ。最初は詩なのかと思った」
「お涙ちょうだいじゃないのに、泣けてしまう。なんで嬉しいのに泣けてくるのかな」
「自閉症のことを少しでも知ってる人はきっと一気に読んでしまうと思う。自閉症のことを知りたい人にはバイブルになると思う」
「専門書や親の手記は何冊も読みましたが、それらとは違う感動があります」
「これが映画になったら、レインマン以来のヒット作になるんじゃないかな」


ブログへ戻る / 映画製作制作準備実行委員会HPへ戻る